イベント 私の仕事観

クリエイター同士の交流会に参加しました!

2017/02/26

大阪の堺で開催されました、「週末★井戸端クリエイター」に参加しました!

クリエイター交流会

▲倉庫をリノベーションした素敵な空間のお店でした!


前に行った別の交流会に引き続き、ほぼ私の可愛さについての話題でもちきりだったよね。


なんか話の盛り方があからさまにひどくなってきたな…。


あっ!!
そういやこうくんって少しでも話題になったっけ…?


どうせ話題にも出ませんよ!


今回のテーマは『便利な仕事道具・サービス紹介』と言うことで、私も以前勤めていた会社の書類の整理術が非常にやりすかったので、それを紹介させて頂いたり、サービス紹介と言うより自分自身がどのようにしてお客様にアプローチしているかや、仕事をうけさせて頂く判断基準、他にも自分の考えるイラストやキャラクターの価値などについて話させて頂きました。

参加者さんには私と同じ、イラスト・キャラクター・企業向け漫画などをされているイラストレーターさんも多く、他にはWebデザイナーさん、ご自身でジュエリーを販売されているECコンサルさん、オーダーメイドで貼り絵をされている方もいらっしゃいました。




自分も刺激になり勉強になり、良い繋がりができた交流会

以前1度参加した異業種交流会では、会の中での利益享受を大切にして、期間内で会のメンバー内か紹介などしてお金を使いましょうと言う、某異業種交流会に似たシステムでした。
その考え方はきっと悪くないのでしょうが、「良い仕事がなければ数十円でも構わない、会の中で必ず期限までにお金を使うこと」というシステムに違和感を感じました。
私自身が誰かがノルマを達成するために無理に数千円のイラストの仕事を頂いても嬉しくないし、つまりそれがお互いの本当の利益にもならないと思いましたので、それに時間を割くなら本当にこのイラストやキャラクターなどのサービスに価値を感じていただけるように、他の事に時間や意識を使いたかったので定期的な参加をお断りさせて頂きました。

今回は、異業種ではなく同業に近いので、そもそも会の趣旨自体が違うのもあるのですが、この会には本当の利益を得る為にお互いを高め合おうと言う意識を持っている方が多く、とても刺激になり勉強になり、有意義な時間を過ごせました。

とても魅力的なオーダーメイドの貼り絵やさん!

私はオーダーメイドの貼り絵やさんがすごく心に残った!
だってさ、貼り絵って言ったら、どっちかと言うとアートって感じで商売になるようなイメージがなかったんやもん。


そうそう、貼り絵の体験教室とかもされていて、普段コミュニケーションが苦手な方が手を動かして貼り絵をすることによって、最後はその方が笑顔になった話は凄く印象深かったよね。
貼り絵自体とても素敵で魅力的で価値があるんだけど、貼り絵の向こう側のあるものにさらに付加価値が付いてる。


それと、ご自身がバセドウ病をお持ちで、そういったこともあって障がい者向けのセミナーもされているみたいよね。
ご自身が大変な想いもされているから、自分のできることで一生懸命誰かの役に立とうって言う強い意志も感じた!


誰かの役に立つ、でもボランティアではご自身も生活していけない。
だからただ「貼り絵って可愛いですよ、きれいですよ」じゃなくて、貼り絵を作ってもらった後にある価値、貼り絵をつくる過程にある価値も真剣に考えてらっしゃるから、たくさんの引き合いがあって、なかなか商売に繋がりにくいイメージの貼り絵でも、きちんとその価値を理解してもらって報酬を頂けてるわけだね。


あったかい貼り絵に誠実なお人柄がすごくあらわれてる気がしたよ〜。


これからのさらなるご活躍が楽しみな方だよね!


▶︎そんな、【オーダーメイドの貼り絵やさん 岡森陽子さん】のホームページはこちらです!
▶︎岡森陽子さんの素敵な作品はこちらでも販売しています!

もちろんアートがお金を頂けないと言うことではありませんが、アートで生活していくのが難しいのは、おそらくご想像の通りです。
しかし、岡森さんの中で、アートだとかデザインとかビジネスとか、そういう区切りはきっとどうでもいいことで、ただご自身のできる人の役に立つことを精一杯取り組んでいらっしゃるのだと思います。
こういった意識を持って活動されている方の存在は本当に勉強にも刺激にもなります。
他にもたくさん素敵なクリエイター・デザイナーの方々がいらっしゃったのですが、私の中でとてもインパクトがあった岡森さんをピックアップしてお話をさせて頂きました。

「週末★井戸端クリエイター」こういった素敵なイベントには、これからも時間の許す限り参加していきたいと思います!

私はイラストを描くのが大好きです。
だからこそ、イラストの持つ価値を引き出して人に喜んでもらい、ずっとずっと仕事でイラストを描いていけるように、こんな素敵な方達と切磋琢磨していきたいですね。

-イベント, 私の仕事観